モルモルが人気です! ボロボロ粉が落ちる砂壁補修に最適です

query_builder 2021/10/16
ブログ
remake living

先日書かせて頂いたモルモルがとても人気のようですので、もう一度ここでご紹介させて頂きます。


モルモルとは、日本ペイントさんから販売されているDIY用のシリコンの塗料です。塗料ですが、その粘度は液体とは違い、クリームです。その為、ビニール手袋をはめてモルモルをすくい上げてそのままなすりつけるというような施工ができます。すると、仕上がりは素朴な漆喰風になり、誰がやってもとても素敵に仕上がります。


塗る壁によっては下地材を塗る必要がありますが、下地材が必要な壁にはぜひ手間を惜しまず、下地材を入れることをお勧め致します。(特に砂壁、繊維壁は最初にチェックしてからの方がいいかと思います)下地が必要かどうかですが、モルモルを少しだけ塗ってみて判断できます。しばらく待ってみて、塗ったモルモルが綺麗に白のままでしたら、直接モルモルだけの一工程できれいな白に仕上がります。試し塗りしたモルモルが、黄ばんできたら、それは壁のアクが染み出てしまうサインですので、下地材をいれます。


下地材ですが、ヤニアク止めシーラーでよいのですが、サラサラした水っぽいものではなく、トロミのあるしっかり一枚被膜を作れるものが有効です。私が施工した繊維壁では、サラサラしたタイプのシーラーではアクを止めることができませんでした。値段も手ごろで伸びがいいので、こちらを使いたくなるのですが、肝心のアクが止められず、結果お値段は上がりますが、粘土のある方のシーラーでアクがとめられました。きっちりカチカチの被膜を作れます。また、砂壁などはモルモルをのせてこねこねしすぎると、モルfモルの水分で砂壁自体がはがれ出します。それを防ぐのにも、トロミのあるヤニ止めシーラーは有効です。

壁紙や、新設のボードやベニヤなど、あとは経過年数などによって、結果も違うと思いますので、参考までになさってください。


また、モルモルで壁を整えたあと、上から色を付けることもできますので、白以外にも変えられます。白がありきたりと感じたら、色を変えても素敵です。


新設壁や、壁紙の上にもおすすめですが、年数が経って、砂壁がボロボロはがれる悩みのある方には特にお勧め致します。砂壁から壁紙に変えるとなると、ベニヤやボードを上張りして、パテをして、それから壁紙を貼って、と工程がたくさんです。

壁の補修も兼ね、お手頃な値段で、簡単に新しい真っ白な壁にできるモルモルは、かなり優秀な商品です!


NEW

  • 夏到来!

    query_builder 2022/07/20
  • お花柄のモザイクタイル風クッションフロアです😊

    query_builder 2022/07/16
  • まだまだナチュラルが人気です☺️内装もナチュラルで

    query_builder 2022/04/10
  • 春らしくなってきました♪クロスも張替えしましょう✨

    query_builder 2022/04/10
  • リアテックを使って美しい仕上がりに!

    query_builder 2022/02/15

CATEGORY

ARCHIVE