浜松市周辺クロス壁紙張り替え 継ぎ目補修

query_builder 2020/09/19
ブログ
remake living

浜松市クロス壁紙張り替え 継ぎ目補修


お世話になっております。

今回は継ぎ目の剥がれを気になされて張り替えをお考えの方に向け書いてまいります。

壁紙の張り替えはベースとして10年といわれています。

何年経っても継ぎ目がきれいでいてくれたら何の問題もないのですが、中には継ぎ目がめくれあがってしまってこれはさすがに嫌だなあ。という場合もあるかと思います。

貼り方の問題以外に、その箇所の環境にもよるため、どうしてもそうなってしまうこともありえると思います。

そんな時に自分で簡単に補修できる場合もあるので、ぜひ一度試してみてはと思います。

ホームセンターで補修用の壁紙糊を売っています。それを浮き上がった部分の裏に注入し、丹念に圧着します。ローラーがあればローラーで、なければ指で。目的は圧着ですので、押し付けるのができるものであればいいです。

また、壁紙自体が縮んでしまって隙間ができている場合は、色の付いた、ボンドコークやペネットという隙間充填補修材があるので、そちらを隙間に塗りましょう。どちらも水性ですので、水を含んだスポンジやマイクロファイバークロスなどで拭きながら、量を調整できます。ボンドコークはつやあり、ペネットはつやなしで、ボンドコークのほうが、シリコンぽさが強いです。ですので、もし一般的な白い壁紙ならペネットのほうが馴染みがよいかもしれません。

ということをしてみても、まだめくれあがってしまう。というときは、張り替えを考えるのがいいかもしれません。また、あまりに剥がれが激しいのなら、壁紙ではなく、もっと環境変化に強い建材に変えることが得策かもしれません。

もし継ぎ目でお困りでしたらぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • プリント合板

    query_builder 2021/04/10
  • お花の石鹸

    query_builder 2021/04/10
  • 新学期お部屋のイメチェン

    query_builder 2021/04/09
  • 手で塗る塗り壁

    query_builder 2021/04/07
  • 春で気分も一新!

    query_builder 2021/03/30

CATEGORY

ARCHIVE